湘南クリスタルホテル

0466-28-2111

周辺観光

江ノ島

片瀬から鵠沼へと続く「湘南海岸」一体のエリアは、日本を代表する風光明媚な海浜観光地です。首都圏有数の海水浴場として、自然と歴史に富む景勝地として、またマリンスポーツのメッカとして、多くの人々に親しまれています。 その中心的役割を担っている「江の島」では、平成15年に「江の島サムエル・コッキング苑」と「江の島展望台」(現在の名称:江の島シーキャンドル)が、平成16年に「新江ノ島水族館」がリニューアルオープンしました。
 
アクセス方法
【江の島展望灯台】
藤沢駅→江ノ電で約11分→江ノ島駅より徒歩約25分
藤沢駅→小田急江ノ島線で約7分→片瀬江ノ島駅より徒歩約20分

公式サイト:藤沢市観光協会

茅ヶ崎

湘南を歌ったお馴染みの歌の中に再三登場する、茅ヶ崎のシンボル「えぼし岩」の正式名称は「姥島(うばじま)」といいます。 えぼし岩の誕生は、1,200万年前といわれており、周辺の地層は茅ヶ崎最古のものです。砂岩層と火山層が縞をなしていて、海底に堆積した地層が隆起したものといわれています。また、えぼし岩周辺は岩礁で昔から絶好の漁場となっており、江戸時代には伊豆の漁師と地元小和田の漁師との間で漁場争いが起こり、その際に小和田の名主は京都の公卿近衛某が東下りの途中に詠んだという「相模なる小和田が浦の姥島はたれをまつやらひとりねをする」という歌があったことを思い出し、その短冊を証拠に姥島が小和田の領地であることを主張し、紛争に勝ったという言い伝えがあります。小和田の熊野神社にはこの歌碑がありますので、機会があればお訪ねになってみてください。
 
アクセス方法
【えぼし岩(サザンビーチちがさき)】
藤沢駅→東海道本線普通電車で約7分→茅ヶ崎駅より徒歩約20分、南口から37系統バスで約10分「海水浴場前」下車

公式サイト:茅ヶ崎市観光協会

鎌倉

山と海に囲まれた自然豊かな鎌倉は、何度訪れても飽きない場所。四季をとおして花々を楽しめるお寺や神社が数多く、特に、紫陽花や紅葉の時期には見事な景色が広がります。座禅や写経・写仏体験など非日常の時間を過ごしてみるのも忘れられない思い出になるでしょう。もちろん、恋愛成就や仕事運・金運アップなどを祈願するのも忘れずに。鎌倉には、美味しい名店や老舗も沢山あります。目当てのお店と、お気に入りの観光スポットをみつけて、鎌倉散策を楽しみましょう!
 
アクセス方法
【鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮】
藤沢駅→江ノ電で34分→鎌倉駅
藤沢駅→東海道本線大船駅乗換・横須賀線で約10分(乗換時間含まず)→鎌倉駅 鎌倉駅より徒歩約10分

公式サイト:江ノ電グループ

江ノ電

100年以上の歴史を持つ江ノ電は,開業当時の面影を残している数少ない電車です。各都市にある路面電車よりも車両そのものは列車に近く,2両から4両つないで走っています。走る区間によって様々な風情を楽しめるのも江ノ電が旅行者に人気があるの理由です。極楽寺駅周辺はトンネルを通る山あいにあり,古都鎌倉の深い緑や季節ごとの花々を見ることができます。海沿いの部分は,稲村ガ崎の海の家や七里ガ浜の長い海岸線を通り,腰越のあたりでは小さな漁港も見ることが出来ます。
 
アクセス方法
藤沢駅―鎌倉駅間 全長10km 34分

公式サイト:江ノ電グループ

江ノ電フリーパス

「のりおりくん」と呼ばれるフリーパスがあり,観光を楽しむならば、何度も乗り降りできるこちらのほうがお得です。しかも「のりおりくん」を持ってると,鎌倉・湘南地区のレストランやショップ,ホテルや水族館の割引サービスが受けられます。また江ノ電は私鉄各社と同じくパスモとスイカに対応するようになりました。「のりおりくん」は全駅スタンプラリーを楽しみたい方に特におすすめです。 当ホテルにも、お得な「のりおりくんプラン」がございます。 

このページのTOPに戻る